So-net無料ブログ作成

おむすび ころりん [diary@fr]

今度は海外子女用の教科書の話。

Lはやっと「おむすび ころりん」に入った。

ころころ ころりん すっとんとん。

じぶんも あなに すっとんとん。

おどった おどった すっとんとん。

こづちを ふり ふり すっとんとん。



ねぇ、マミー。 「すっとんとん」ってなに?


それは、難しい質問だ。


41pkbGgoGUL._SL500_AA300_.jpg
nice!(24)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

Lと「おおきなかぶ」 [diary@jp]

またまた「おおきなかぶ」のお話。

毎日、毎日、小学生の宿題の定番といえば、

音読

ちょうど前の単元が終わって、「おおきなかぶ」の単元に
入ったばかりだったみたいだ。タイミングが良かった。

つっかえつっかえ、たまにひらがなの読みを間違えつつ、
毎日、毎日、「おおきなかぶ」の音読。
つっかかったところとか読み間違えをしたところは、その部分だけではなく、
その文の最初から読み直しをさせてるから、すごーく時間がかかる。
そして、たぶん、他の子達よりは時間だけは長ーく読んでる。

だいたい話を覚えてしまったL。

出来心で、テレビを見ながらとか全く音読とは別の時間に
カアサンが「おじいさんがかぶをひっぱって」と言ってみた。
つかさずLが「おばあさんがかぶをひっぱって、まごがかぶをひっぱって・・・」
と続けて言う。
そこでカアサンが「まだまだ かぶは・・・」というと、
Lはにっこりした顔で、「ぬけましぇん!!」

これがツボにハマったらしく、カアサン妹もいきなり
「ねぇ、L〜。まだまだ かぶは・・・」とふり、
これにLが「ぬけましぇん!」

たまに「とうとう かぶは・・・」とふると、
ちゃんと「ぬけました!!」と返ってくる。

あまり振りすぎると、Lが怒った声で「ぬけましぇん!/ぬけました!」
と返すので、かわいいから、おもしろいからとしつこくやるもんじゃないな。


今でも、たまに「おじいさんが・・・」と話をふると
「かぶをひっぱって、おばあさんがかぶをひっぱって、まごが・・・」と続けてくれる。

やっぱり、やりすぎると怒っちゃうけどね。


日本で最後に買い出しと本屋に行ったら、Lが欲しがった本。

もちろん

おおきなかぶ

le grand navet.jpg

よっぽど気に入ったんだろうけど、教科書にまんま載ってるからね。
イラストも一緒だからね。ごめんね。と買わなかったけどね。
だからか、体験の時に購入した教科書を大事にしている。

nice!(22)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

2011年度後期 教科書配布 [diary@fr]

photo.JPG


今年度後期分の教科書配布があった。
今回は、7冊だったかな。
体験入学で、「おおきな かぶ」が
読めるようになった事だし、引き続き
頑張ってもらいましょう。
まだまだ間に合う一年生。

Sは、ホントに今年度中に小学過程が
終わるのでしょうか。かなり不安。

ま、頑張ってもらいましょう。

って、1番頑張らないといけないのは
カアサンだったりするんだよね…。
やらせなきゃ…。
nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

rentree 2011/2012 [diary@fr]

9月。新学年。新学期。

Sの教材をアマゾンで買おうとしたら、2〜4週間かかるとでてすごく焦り、
近所の本屋に行ってみたら沢山あって「さすが、地元の本屋」とホッとして、
これから、真っ先にこの本屋に来ようと改めて思ったり。

小学校も中学校も同じ日に始業。
さすがに5eme。父兄と一緒にきてる子はいない。ちょっと寂しいが、
Sだけエントランスにドロップオフして小学校へ。
小学校は、先生と挨拶して、今日の給食がいるかどうかの確認をする。

KはCM2になり、担任はSがCM2の時の担任だ。
LはCE1になり、担任は産休の代理の先生だ。
今年のLのクラスは、混合クラス。一体どうなる事やら。

小学校は、なぜか新学期が始まってから、用意する文具のリストが配られる。
まぁ、引き続き使う文具がほとんどだから、新調するものはほとんどないんだけど。

すでに、Sのクラス懇談会も終わり、Lのクラス懇談会も終わった。
残りはKのクラスのみなのだけど、いまだ日程が決まってないのか、レターがこない。

中学校は、教科担任がそれぞれクラスを回り、今年度に行う予定を説明していく。
今年は、物理ー化学、ラテン語が増え、引き続きFLEのクラスも週4時間受けていく。
あまり空き時間もなくなってきた。また来年度はさらに埋まっていくんだろうなぁ。

Kは最終学年なので、中学の入学手続きが待っている。
Sのような事は、もううんざりなので、DELFを受けさせようと思っている。
Sも受験しないといけないから、一緒に申し込みをしようと思っている。

さてさて、どんな一年になるのか。

不安であり、楽しみでもあり。
たぶん、不安なのはカアサンだけで、子供達は楽しむんだろうな。。。
ま、それが一番だ。

nice!(13)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

les vacances d'ete 2011 [diary@fr]

長らく放置してました。
なんか書く気が起きないままで。
このまま、やめてしまおうかなと思った。
が、結構長くblogをやってる=育児日記みたいな存在。
アメリカ時代よりも更新はしなくなったし、
地震の事もあって、気分がどうも上向きにならないし、
ホントにどうしようかなと思ったけど。
また、なんも代わり映えのない生活を綴っていこうと思う。



この夏は、Sは一人で日本へ旅立った。
collegeが一週間早く夏休みに突入したから。

なぜ早いんだ?と思ったら、college最終学年の
卒業検定試験みたいなのがあったようで、
先生方、試験監督やら採点で他の学年の授業を
やってらんないから。

12歳までアシスタントサービスを受ける事が出来たので、
それをリクエストして、乗り換えの問題も解消。
フランクフルトで乗り換えだったので、大きい空港だろうな、
ドイツ語分からないしなと不安に思ってたので、これでひと安心。

1週間早く日本へ旅立ったので、もちろん一週間多く体験入学。
正直、プールの授業はやらせたくなかったのですが、
本人がやりたいというし、短期間だしと思いOKした。
チャレンジも1年以上遅れてたので、授業にはついていけず、
漢字テストでは0点取って・・・。
ほとんど日本語の話せないALTのアンジーに気に入られて、
給食の時間とかずっとお話ししてたとか、ついでに授業で通訳したりとか。
アンジーが言うには、いつも静かでほとんど質問とかなかったのに、
Sが通訳したら、初めて!!こんなに発言があるなんて!!だそうで。
放課後も電話する友達も出来て、夏休みに入っても一緒に遊んだりして、
Sにはとても有意義な日本の学校生活だった。

1週間後、カアサンとKとLの3人で日本に帰り、
次の日から、残りの二人も体験入学。
Kの時も思ったけど、さすが!!日本の小学校。
ひらがなをなかなか覚えられなかった、読めなかったLが
ひらがなを書けるようになり、教科書の「おおきなかぶ」の
音読も出来るようになり・・・。
これまた素晴らしい進歩の夏になった。

KはもちろんALTの日は、朝から、いや前日から張り切って
クラスでは一人で話してたそうで・・・。

夏休みに入って、残りの滞在日の半分はトウサン実家のほうへ行き、
じいちゃんばあちゃん、イトコ家族と楽しく毎日遊び、
鳥取砂丘&富浦海岸に行ったり、アメリカ時代のお友達と遊んだり、
Sがお腹にいるころからのお友達と会ったり。

今までだったら、ギリギリまで日本にいたけど、Sがcollegeに
行くようになって、学校の教材を事前に買ったり注文しないと
いけなかったので、今回はちょっと早めにフランスへ戻ってきた。

また来年も一人で日本へ行って中学校にも行きたいとSは言うが、
正直、どうかなと思ってる。
なので、条件は、ちゃんとチャレンジが中1の6月号まで終わってたら。
ちゃんと出来るかな。いまだ小学5年生の5月号だし。って、進んでないし。

いろいろあって、ちょっと大変だったけど、帰ってよかった。
滞在が1ヶ月半だったから、その大変さもガマン出来た。
実家の事を思うと、やっぱり気が滅入るけれども、うまくつき合わないとな。

そんな感じの夏休みだった。



nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。